保険会社が提示した過失割合に納得がいかない場合どうすればいい?

その際の心構えについて


保険会社が提示した過失割合に納得がいかない場合どうすればいい?

交通事故にあったときは保険会社から、過失割合について提示されます。
過失割合は事故の原因がどちらにあったかの割合で、賠償金をもらう時に重要になります。
交通事故の被害はどちらかが一方的に悪いということはなく、多くの場合どちらも落ち度があります。
そのためどちらがどの程度悪いのか決めないといけないため、その判断基準として過失割合が使われます。
過失割合は相手の保険会社が決めますけど、自分の入っている保険会社も交渉をしてくれます。
ただしその過失割合が正確でないこともあるため、自分なりに情報を集めて対応する事は大事です。
過失割合が納得できない時は、過失割合について説明してある本をよく読むといいです。
そういう本を読めば自分のケースに合った、過失割合について知ることができます。
過失割合はどのような形になるか大体決まっているため、本を読んで調べれば普通の人にもわかります。
複雑な事故の場合は対応が難しいこともありますけど、普通の事故ならば専門の本を読めば理解できます。
本を読んで自分なりに過失割合について調べ、その情報を使って相手の保険会社と交渉すれば条件を変えられます。
条件は必ず変えられるわけではないですが、具体的な証拠をそろえて反論すれば変更はできます。
ただ交通事故にあうと怪我をしていることが多いため、このようなことができないこともあります。
怪我をして自分で対応できない時は弁護士に依頼すると、過失割合について良い条件にできます。
過失割合は怪我の治療費を大きく変えるものなので、専門家に依頼をするメリットは大きいです。
専門家に依頼をするときは費用がかかりますけど、それ以上の利益を得られることもあります。
保険会社の過失割合が納得出来ないときは自分で調べて対応するか、弁護士に相談すると対処できます。

戻る
2012.2 開設